アーカイブ

[閉じる]

主演男優賞

木村拓哉

「華麗なる一族」TBS系

歴代最多の7回目! 木村拓哉が貫禄の受賞

阪神特殊製鋼の若き専務・万俵鉄平役。夢を追う情熱を精悍(せいかん)な表情と熱く輝く瞳で表現。自身のカリスマ性がリーダー資質あふれる鉄平の人間性にはまっていた。父・大介(北大路欣也)の愛情を欲しがる哀愁に満ちた表情が痛切。重みのある役を堂々と演じ切り、新境地を開拓した。

 7度目の受賞となる木村さん。
 まず、「すごく感謝したいです」と一言。
 その後、トロフィーを見つめながら「ただ、自分は別にたいしたことしてないんで、この話をやろうっていうことを実現に導いてくれたスタッフ、現場でいろいろと力を貸してくれたスタッフに捧げるものだと思います。写真は今回僕がこうして撮らせてもらいましたけれど、持つべき人はみんなじゃないかなぁと思います」と、スタッフをとても大事にする木村さんらしいコメントをいただきました。
 そして、最終回のラストの「僕は何故明日の太陽を見ないのだろう」という鉄平のせりふについての秘話も明かしてくれました。
 「あれは、僕が無理やりねじ込ませていただいたメッセージなんです。僕は鉄平に何があっても明日の太陽は見て欲しいなって思います。あのせりふは、監督とロケ先ですごく話をさせていただいて決めたんです。『華麗なる一族』をやった上で、鉄平という人間にすごい魅力を感じていたんですけれども、最後とても魅力が薄まったというか。やっぱりああいう形で家族に対してメッセージを残したりとか、それこそ万俵家以外にも自分の家庭があるにも関わらずああいう形をとった万俵鉄平には、僕は納得がいかなかったんです。だから、音声的には『何故僕は』っていう音声にはなっていましたが、『何故君は』っていうのと同じ意味で言っています。今、2007年というタイミングですけれど、それこそ医学が発達した世の中でも、限られた命の人もたくさんいるわけだし、生きていい人間が勝手に死んだりとか自殺したりしている。人生をまっとうしていない人たちに対して、この役だからこそ言えることはないのかなって監督たちとお話をさせていただいて、本当に抽象的な言葉ですが、ねじ込みました」と語ってくれました。自害という悲しい選択をした鉄平への木村さんの思いが詰まっていたんですね。

主演男優賞 得票結果

読者票
  • 1. 木村拓哉「華麗なる一族」TBS系
  • 2. 二宮和也「拝啓、父上様」フジ系
  • 3. 速水もこみち「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」フジ系
  • 4. 水谷豊「相棒」テレビ朝日系
  • 5. ユースケ・サンタマリア「今週、妻が浮気します」フジ系
  • 6. 高橋克典「特命係長 只野仁」テレビ朝日系
  • 7. 大森南朋「ハゲタカ」NHK総合ほか
  • 8. 西田敏行「浅草ふくまる旅館」TBS系
  • 9. 橋爪功「新・京都迷宮案内」テレビ朝日系
  • 9. 松平健「遠山の金さん」テレビ朝日系
審査員票
  • 1. 木村拓哉「華麗なる一族」TBS系
  • 2. 二宮和也「拝啓、父上様」フジ系
  • 3. 大森南朋「ハゲタカ」NHK総合ほか
TV記者票
  • 1. 二宮和也「拝啓、父上様」フジ系
  • 2. 木村拓哉「華麗なる一族」TBS系
  • 3. 大森南朋「ハゲタカ」NHK総合ほか

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.television.co.jp/mova/mt-tb.cgi/834

ドラマアカデミー賞の本

別冊ザテレビジョン「連ドラ10年史」ドラマアカデミー賞10年プレイバック
ドラマ10年史

週刊ザテレビジョンの人気企画「ドラマアカデミー賞」が一冊の本に! 10年間の連ドラ1032作品の写真&解説もまとめた超保存版です