アーカイブ

[閉じる]

最優秀作品賞

「ラスト・フレンズ」

フジ系

圧倒的な票を集め見事「ラスフレ」が受賞

脚本=浅野妙子/演出=加藤裕将、西坂瑞城、遠藤光貴/プロデューサー=中野利幸/出演=長澤まさみ、上野樹里、瑛太、水川あさみ、山崎樹範、田中哲司、倍賞美津子、錦戸亮ほか

DV(ドメスティック・バイオレンス)、性別違和症候群、セックスレスなど、現代の若者の悩みをモチーフに、ドラマチックな展開が人気を博した。それぞれに悩みを抱えた美知留(長澤)、瑠可(上野)、タケル(瑛太)らは、共同生活の中で互いを思い、成長していく。美知留を追い詰める恋人・宗佑(錦戸)の登場シーンも話題に!

授賞エピソードや得票結果はココをクリック♪

主演男優賞

木村拓哉

「CHANGE」フジ系

圧倒的な支持を得て木村が戴冠!

木村拓哉が読者、TV記者、審査員からまんべんなく票を集め、大差をつけて通算8度目の受賞。依然として木村人気が高いことがうかがえる結果となった。2位の速水もこみちは、恋人ロボットが“ハマリ役”と評価が高く、ドラマ初主演となる溝端淳平は3位と健闘。

授賞エピソードや得票結果はココをクリック♪

主演女優賞

仲間由紀恵

「ごくせん」日本テレビ系

ごくせん強し! 仲間が激戦を制す

1~3位の差がほとんどなく、大激戦だった主演女優賞では、読者票が高かった仲間由紀恵が見事受賞。仲間はシリーズ3作すべてで同賞を受賞しており、“ごくせん=ヤンクミ”強しの印象。TV記者から高評価を得た天海祐希、読者票を伸ばした長澤まさみが続いた。

授賞エピソードや得票結果はココをクリック♪

助演男優賞

錦戸亮

「ラスト・フレンズ」フジ系

錦戸―瑛太で「ラスフレ」ワンツー!

助演男優賞では、2位の倍以上の得票数で錦戸亮が受賞。愛の狂気に走る難役を熱演した。2位には瑛太がつけ、あらためて「ラスフレ」人気の高さを感じさせた。3位は、とぼけた選挙参謀を演じた阿部寛。

授賞エピソードや得票結果はココをクリック♪

助演女優賞

上野樹里

「ラスト・フレンズ」フジ系

大差をつけ、上野が堂々受賞!

TV記者、審査員の全員から票を集め、2位に3倍近くの差をつけた上野樹里が文句なしの受賞。“のだめ”イメージから完全に脱却した演技が高評価を得た。得票結果の1~3位が読者、審査員、TV記者で同結果だった。

授賞エピソードや得票結果はココをクリック♪

監督賞

加藤裕将、西坂瑞城、遠藤光貴

「ラスト・フレンズ」フジ系

ホラーな宗佑の登場シーンが秀逸

ホラー作と見まがうほどの緊迫感のあった、錦戸演じる宗佑が登場するシーンなどの演出が高い評価を受け「ラスフレ」の監督陣が授賞。2位には、“ダイブ”シーンの映像表現などが秀逸だった「ハチワンダイバー」の水田成英監督が選ばれた。

授賞エピソードや得票結果はココをクリック♪

脚本賞

浅野妙子

「ラスト・フレンズ」フジ系

「ラスフレ」強し! 堂々の受賞

「久しぶりに、電車内で次週の行方を語り合う女子高生を見た」との声が上がるほど話題を集めた「ラスフレ」が、2位に倍近い差をつけて受賞。次点には「この世代の等身大の感覚をうまく反映した」という「アラフォー」の橋部敦子が入った。

授賞エピソードや得票結果はココをクリック♪

ドラマソング賞

「Prisoner Of Love」宇多田ヒカル

「ラスト・フレンズ」フジ系

作品と曲の世界観が見事にマッチ

2位に大差をつけ宇多田ヒカルが受賞。曲を聴いたらドラマのシーンが思い出されるほど、作品とリンクした世界観が多くの票を集めた。「歌詞にインスピレーションを受け、セリフを変えたことも」と中野Pが語るなど、ドラマのヒットを支えた。

授賞エピソードや得票結果はココをクリック♪

ザテレビジョン特別賞

該当なし

第57回特別賞は合議の結果、該当なしとなった。

ドラマアカデミー賞の本

別冊ザテレビジョン「連ドラ10年史」ドラマアカデミー賞10年プレイバック
ドラマ10年史

週刊ザテレビジョンの人気企画「ドラマアカデミー賞」が一冊の本に! 10年間の連ドラ1032作品の写真&解説もまとめた超保存版です
定価1000円(税込)